すきま日記

subaco.exblog.jp

秋の畑から

秋田の無花果が気になったのは、友人がプレゼントしてくれた堀井和子さんの旅エッセイを読んだのがきっかけでした。
東京の店先で見かける無花果とは色も大きさも違って、なかなか県外には出回らない秋田の無花果。
ぜひ一度食べてみたいなと思いを馳せながら調べていると、
ちょうど10月に「いちじくいち」という無花果のイベントがにかほ市で行われるということを知り、
先週末、生まれてはじめての秋田へ行ってきました。

今年で2年目になる「いちじくいち」
a0285519_17294398.jpeg
廃校になった小学校で、生産者の方による無花果販売や、県内外のお店が集まったフードや雑貨の出店、
ライブなども行われる素敵なイベント。
もともとこの地方では、寒い冬をともに過ごす保存食として無花果の甘露煮が各家庭でつくられてきたそうです。
最近ではすっかり減ってしまったその風物詩を語り継ごうという想いから立ち上がったこのイベントは、
オープン直後にも関わらず沢山の人で賑わっていました。

このイベントで直接生産者の方から買うことができた加工用の無花果。
緑と赤のグラデーションがきれいで、飾っておきたくなるほどの佇まい。
a0285519_17301022.jpeg
東京に持ち帰り、少し酸味を加えて煮ました。
来週の販売では、この無花果を使ったおやつが並びます。
無花果がお好きな方も、あまり馴染みがないという方もぜひ♪
a0285519_17303189.jpeg

そして、今年も北海道美瑛のLand・Mannさんから無農薬の南瓜が届きました。
昨年ご好評いただいた南瓜のベイクドチーズを、今年も沢山焼こうと思います。

秋の味覚を楽しんでいただけたら嬉しいです。
a0285519_17304519.jpeg





by hello-swallow | 2017-10-14 17:50 | お菓子のこと